生産工程

弊社製品の製造工程は下記のように実施し、品質の均一化を目指しています。

①返却されたコアかをチェックして

損傷等問題なければ再生します。

 

それぞれ別の作業工程のため、マグネットクラッチ

と本体を分離します。

最終的に上記の仕上がりになるよ

うに準備します。


②洗浄して脱脂の後、本体の外装を

ブラシティングしてサビや汚れを取り除きます。

③マグネットクラッチは必要に応じて接触面を旋盤にて

研磨して、密着が均等になるように調整します。

④分解して内部の状態を確認します。

損傷が激しいものは再生が不可能ですので、

内部の部品を入れ替えします。

各部を研磨して滑らかにします。

⑤各部品を洗浄液にて洗浄し脱脂します。

また、製造誤差を均一にするために

対の組合せを崩さないように個別に

作業します。

  ⑥各部を調整しながら、消耗や劣化した部品を

交換していきます。

⑦組付けにはトルクレンチを使用し、それぞれが

規定のトルクで締め付けます。

⑧組付け後、専用のベンチテスターにて性能検査

をします。

規定の圧力や逆流の状態を確認します。

また、状況によって車両シミュレーターを

使用し実車装着で問題がないか判断します。

  ⑨検査を合格した製品に規定量のオイルを封入します。

重量の確認等で問題がないか判断します。

その後、窒素ガスを使用し気密(漏れ)検査を実施します。

⑩最後に本体とマグネットクラッチを組み付けます。

クラッチ面のギャップを調整し、通電テストを実施します。

この時に電流値や密着状態を確認して、問題がなければ完成です。

⑪出荷時はエアー緩衝材を詰め輸送事故を防

ぐ様にしています。

出荷ラベルを貼り付け、各運送便にて日本全国

へお届け致します。